薬を個人輸入代行するのは危険?安全性・評判の高いおすすめサイト

海外からの薬の個人輸入・輸入代行

インターネットの普及によって誰もがネットで買い物を楽しむことができる時代になり、今では海外から医薬品までもが通販することが可能となりました。しかし、便利さと同時にトラブルに遭遇してしまう危険性も格段に高まりました。

 

理由としては、日本では売っていない未承認薬でさえも購入することが可能だからです。こうした医薬品は国内の薬機法(旧薬事法)に基づいた安全性や有効性においては確認されていないため、服用した人の中には健康を害してしまうという報告が挙げられていることからも、不正に国内へ流入しないよう個人輸入に関してはきちんとしたルールが取り決められています。

 

 

 

そのルールとは・・・

 

 

「国内未承認薬でも個人使用に限り、規定量内の輸入を認める」という内容です。

 

 

 

 

これは厚生労働省が定めた法律であるため、個人使用に限って購入する分には特にお咎めはありませんが、使用するに当たっては完全自己責任となり、他人に譲渡したり・販売した場合は法律違反として罰せられてしまいます。取り扱いには十分ご注意ください。

 

 

あくまでも未承認薬ですから、浅はかな薬の知識と個人の見解で服用してしまうと思わぬリスクに見舞われる可能性があるため、使用する前には可能な限り医師や薬剤師といった専門家に相談してからご使用ください。

 

 

個人輸入する際におけるリスクとは?

 

国内の薬事法に基づいた品質や安全性・有効性の確認が取れていない

さきほどの項目でも少し説明しましたが、未承認薬の場合は実際に服用してみなければ分からないことが多々あります。

 

販売サイトにもある程度の効果や副作用等は記載されていますが、悪質な販売業者の場合は品質・製造された国などが確認されないまま販売されていることがあります。

 

 

劣悪な衛生環境で製造されたおそれアリ

ネットで何かしらの医薬品を購入する際は、基本的に「販売サイトのページ上」でしか製品を確認する術がないため、薬の製造過程や保管・流通工程などがどういった衛生状態で管理されているか分からないので、不純物が含まれている可能性もあります。

 

 

商品自体が偽物であるかもしれない

ネット上で通販されたED治療薬の実に半数以上が偽物という調査結果があり、海外では特に多く流通しているようです。最も偽物だと見分けやすいのが錠剤に刻印されている有効成分含有量の数字です。

 

シアリスというED治療薬を例に挙げると、現在世界で流通している正規品の錠剤には5mg・10mg・20mgの刻印された錠剤しか販売されておらず、偽物を取り扱っている業者では50mgや100mgといった通常よりも高い含有量の数字を刻印した偽薬を販売しています。

 

多少なりとも薬の知識がある人ならすぐに見抜けるような違いですが、初めて個人輸入代行を使用される方や全くの無知の方はやはり引っ掛かってしまう傾向にあります。

 

 

万が一不具合が生じた時に対処が難しい

海外から輸入しているため、当然用法や用量・効果効能といった説明書きは外国語(英語以外も考えられます)で記載されているため、すべてを正確に理解し服用することは難しいと言えます。

 

そのため、万が一副作用や不具合が生じてしまった際、特に未承認薬の場合は国内の医師や薬剤師・その他の専門家でも薬に含まれる成分や作用に関して十分に情報を持ち合わせていないことがあるため、適切な処置を行えず重篤な状態を引き起こしてしまう危険性も考えられます。

 

 

個人輸入で認められるルール

自分自身で使用する場合のみ可

基本的に海外から個人輸入通販で購入した場合、日本国内で承認されている医薬品であっても2〜3割程度安く手に入れられる商品が多いのですが、中にはその差額を考慮し一儲けしよう企む人もいます。

 

しかし、販売目的で輸入する場合は薬機法に基き、予め厚生労働大臣もしくは各都道府県知事の承認や許可が必要になります。当然、無許可で販売してしまうと薬機法違反で罰せられますので、個人輸入で購入した際は完全個人使用のみに限定するようにしてください。

 

 

また、販売目的ではなく他人に譲渡した場合でも、同様の法律違反となりますのでご注意ください。

 

もちろん、国内外問わず禁止されている禁止薬物等は法律違反です。

 

 

個人輸入で医薬品を購入する際に注意すること

先ほどのED治療薬の例では、およそ55%もの薬が偽物という調査結果が出ているため、やはり偽物を取り扱っている業者からは絶対に注文は避けたいものです。

 

特に通常で販売されている相場よりも極端に安い値段だったり、販売元の住所が記載されていない場合は「怪しい」と思った方がいいでしょう。

 

優良な販売代行業者であればサイト内を探すと連絡先等の記載があったり、日本人スタッフを雇っている場合があります。主な見分け方としては注文する前に購入予定の薬について、いくつか問い合わせてみることです。

 

この時、迅速且つ丁寧な内容で返信してくれた場合は優良なサイトである可能性が高く、逆に返信が遅かったり、短文、問い合わせた内容についてほとんど触れられていない場合は少し怪しいサイトかもしれません。

 

他にもネット上で検索すると口コミ等が出てきますから、初めて利用する販売サイトの場合は危険から自分の身を守るためにも、時間をかけて調べることをオススメします。