最近勃起しない…原因と理由は心理的問題かも?タイプ別勃起不全

EDの原因とタイプ

 

「最近勃起しなくなったな…」と加齢だけがEDの原因と思っている方も少なくないと思いますが、体力的な衰えによるものだけではありません。

 

日々のストレスや不摂生、運動不足、アルコールの過剰摂取、喫煙、病気…etc、勃起しなくなってしまう原因は意外と日常の生活に隠れていたりします。

 

 

「セックスやオナニーする時にムスコに元気がない…」と悩みをお持ちの方は、これから挙げる3つの項目と照らし合わせて「自分がどのタイプのEDなのか?」を把握しましょう。原因が分からなければ上手く対処することができませんからね。

 

タイプ別「勃起不全」

 

・心理的な要因から来る場合

 

・血管や神経系に障害がある場合(5項目)

 

・勃起不全を引き起こす可能性がある薬を服用している場合

 

 

勃起しない原因は大きく分けると以上の3タイプに分けることができます。それでは1つずつ解説していきましょう。

 

心理的な要因から来る場合

心理的な問題によって起こる勃起不全を「心因性ED」と呼び、「ストレス・不安・うつ」といった、まさに現代人の多くが抱える悩みをそのままを体に反映してしまった状態です。主に20代〜40代の比較的若い世代に多く見られるのが特徴です。

 

 

心因性EDには現実心因深層心因の2タイプに分けることができます。

 

 

現実心因

日常生活におけるストレスが引き金になっている場合が多く、「経済的ストレス・結婚生活が上手くいっていない・毎日疲れている…」といった、自分自身の中でおおよその理由と原因が特定できます。

 

また、彼女や奥さんから「仕事できないわね〜」・「稼ぎが悪い」・「役立たず、ダメ男」などと否定的な言葉や態度で精神的に傷付けられていたり、不安定にさせられたりすることも原因の一つです。

 

 

これらの行為は「精神的DV」=モラルハラスメント(モラハラ)とも呼ばれており、最近ではよく耳にするようになりました。

 

DV(ドメスティックバイオレンス)の一つに当たるため、割合としては男性が多く占めていそうな気もしますが、実際は女性から男性へのモラハラが増えており相談件数も増加傾向にあるようです。

 

 

現実心因の解決方法としては、カウンセリングを受けたり薬を服用することで回復することが多いため、比較的症状の軽いEDとも言えます。原因と解決方法が特定しやすいので可能な限りストレスを受けない環境作りが大切です。

 

 

深層心因

幼い頃の体験や性的なトラウマなど過去の経験が原因となっていることが多く、本人は意識していなくても無意識下の世界に問題があるため、原因解明までに長期間要する場合が多いのが特徴です。

 

「オナニーするときは大丈夫なのにセックスになると緊張して勃起しない」・「勃つけどすぐに射精してしまう(早漏)」、こういった症状は本人の精神的な部分から来ているため、回数を重ね自信を持たせることが一番なのですが、それ以外の場合は解決するまでに時間を要してしまうケースが多いようです。